2008年12月18日

第2回「カピトリーノ」/西麻布

扉の向こうはローマだった。

昨年オープン30周年を迎えた西麻布のイタリア料理店「カピトリーノ」。僕にとってローマ料理が恋しくなると通うそんな店であった。惜しまれながらもこの12月29日で31年の歴史に幕を引く。
今回の「レストラン空間考」では、そのカピトリーノの空間をとりあげ、あらためてその魅力がどんなものなのかを探ってみようと思う。

表の店構えは至ってシンプル。白いスタッコ(左官塗り)風の壁にCAPITOLINOの文字。茶色く塗られた木製の鎧戸と木製の入口扉。リストランテというような華やかな飾りは何もない。毎日たくさんの店ができて消えて行く東京にあって、この店のある街の一角だけは、まるで時間が止まっているかのように何も変わらない。

capi2.jpg

店内は10坪程の四角い空間に10脚のテーブルと20脚の椅子が壁沿いにL字型にレイアウトされ、その席が取り囲むようにしたホールの中央には、いつも10皿程の前菜(アンティパスト)が並べられている。厨房はその前菜が並ぶセンターテーブルの背面にあり、一応小さいながらもデシャップがあって、キッチンとのやりとりができるようになっている。 30年のあいだには何度か改装を重ねて今の状態になったという。最初の頃は個室のようなスペースもあったということだが、今のホールの広さからはどうやって個室を作っていたのか想像するのは難しい。

anti.jpg

「特に参考にした店はないんだよ。壁はちょっとベージュがかった白にして天井は木で仕上げたかったんだけど、お金がなくてね(笑)。結局壁や間仕切りの一部に焦げ茶の木を使ってぬくもりのある雰囲気を作ったんです」
今の店は昔の印象とは違っているかもしれないが、むしろのその長い時間の経過が創り出した独特の安心感がある。サッカーチームのペナント、古い絵皿、ポスターやたくさんの絵画、そして大きなアンティークミラー。壁に飾られたそれらの装飾物すべてにストーリーがある。イタリアの友人が苦労して持って来てくれた土産、店の記念日に贈られたもの。経過した時間のみが成せるわざである。これを一朝一夕で作り上げる事は不可能である。

capi1.jpg

「実はローマの7つの丘にちなんで(株)セッテコッリ/SETTE COLLIという名前の会社を作ろうと思ったんですよ。この店の名前はそのなかでも一番高い丘、カピトリーノからとってOSTERIA CAPITOLINOという名前でスタートしたんです。目標は東京に7つの異なるタイプの飲食店、バールとかピッツェリアなどを作る事だったんです。ほんとはね」

テーブルクロスは黄色。やや肉厚なガラスのワイングラスにカトラリーが1セット並べられている。今ではイタリアでも新しいリストランテではこういうシンプルなテーブルセッティングは珍しくなっている。古い老舗のリストランテのセッティングだ。このテーブルの前に座るとなぜだか爽やかな白ワインをボトルで頼みたくなる。まさしく僕自身の経験からくる条件反射である。やや生冷えのフラスカーティをクーラーに入れて冷やしながら飲む。卵入りのフェットゥチーネやブカティーニ・アマトリチャーナ、トマトソースのニョッキを頼んでパルミジャーノの粉チーズをスプーンですくって、贅沢にふりかけて食べる。空間とテーブルの料理がまさに一つのテーマを共有する瞬間だ。

カピトリーノのホール空間にはレストランとしての不思議な一体感がある。いってみれば、知らない客同士が解け合っている。その要因の一つは全てのテーブルが壁に沿って並べられ、みんなで一つの空間を形成している印象があるからである。そしてそれぞれのテーブルの上がスポットライトで照らし出されて、それ以外の空間や通路が適度に意識的に隔離されているような雰囲気が作られている。またテーブルクロスの黄色も効果的に働いて空間を暖かい色で包み込んでいる。スケール感としても程よいサイズなのかもしれない。働くスタッフから見てもテーブルの客が主役で自分達が脇役という関係を演出する上でそれがいい結果を生んでいると言える。

ingresso.jpg

ローマの下町のレストラン。そこには普段の楽しい食卓がある。会話と笑い声、文句や愚痴の話と一緒に食器のふれあう音をBGMに流れる時間がある。カピトリーノにはそれと同質の時間が流れている。だからローマが恋しくなるとここにくる客がいるのだろう。レストランの空間はデザイナーや店主が作る部分はほんの小さなきっかけに過ぎない。本当の空間の質は、その店の歴史と、そこをおとずれる客によって作られるものなのだということを、あらためて考えさせられる。このような店から学ぶ事はまだまだ沢山あるような気がしている。
posted by ニコラス at 07:54| Comment(0) | レストランインテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。