2010年01月25日

第8回「ヴォーロ・コズィ」

2006年6月、10年に渡るイタリアでの活動に終止符を打って
帰国、自らの料理の世界を表現するためにオープンした「ヴォーロ
・コズィ」。何の由縁もない文京区白山という場所を選んだ。レス
トランを営む場所としては比較的難しい地理的条件であるにもかか
わらず、オープン当初から話題のイタリアンとして常に満席の客で
にぎわっている。
もともとは「ル・ベルドジュール」というフレンチの名店があった
場所を居抜きで借りて、店をオープンした。イタリアンの世界では
、若い才能がモダンで創造的なイタリア料理を次々と展開して話題
となっている今日にあって、西口さんの料理やその世界観は、それ
らとは一線を画している。彼の料理は、西口さんが10年をすごし
てきた北イタリア各地の伝統料理がベースとなっている。奇をてら
うことなくまじめにその技術や伝統を大切にし、安定した満足感を
提供している。その姿勢は店の環境作りにも現れている。
 元の「ル・ベルドジュール」というフレンチレストランの世界観
は世紀末のアールヌーヴォー調のデザインで統一されており、非常
にオーセンティックな空間のイメージを醸し出していた。表の店構
えもどこかパリの街角を思い起こさせるような造りで、イタリアの
それとはかなり印象が異なるが、それを敢えてそのまま利用するこ
とで、西口さんが目指す「伝統をベースにした現代イタリアン」を
イメージさせようとしているのではないだろうか。「伝統」とか
「時間の経過」を手に入れることはそう簡単なことではない。

volo1b.jpg

 すりガラスの大きな庇があるエントランスには蔦が程よく絡まり
デザインのモチーフとなる植物が空間の主役となって客を迎える。
手の込んだ造りの鉄と木のフレームのガラス扉をあけて中に入ると
、エントランス廻りには骨董の家具やベルベットのカーテンが吊ら
れ、適度な時代感があってレストランという特別な空間への期待感
が高まってくる。正面には店名を掘込んだ額縁付きの鏡が飾られ、
さらに中を覗くと曲線で縁取りされた鏡、そして艶の出るほど磨か
れた木調の造作家具で飾られた店内の景色が目に飛び込んでくる。

volo5b.jpg

volo4b.jpg

奥行きのあるホール空間は入口右手にやや全体からは区画された半
個室のテーブル席が一つ。右側の壁に沿って一列に並べられたテー
ブル席、突き当たりの窓沿いにもテーブル席が3つ。それら全体を
見渡すように左側の壁に沿ってサービスカウンターやデシャップが
あり、その裏側にキッチンが作られている。
 どこいにも奇をてらったデザインやわざとらしい仕掛もない。非
常にシンプルで、サービススタッフも動きやすいレイアウトとなっ
ている。内装の木と同色の椅子は、座面が深紅のベルベット。左右
の壁は曲線を描く木のフレームで縁取られた鏡で覆われ、シンプル
な空間であっても、その空間が鏡に写り込み、奥行き感のある空間
を演出している。

volo3b.jpg

 空間だけではなく、テーブルセッティングもとてもクラシカルな
スタイルである。真っ白なアンダークロスは床ギリギリまでかぶる
ように敷かれ、その上にトップクロスが敷かれている。サービス台
のアンダークロスは椅子の座面と同じ赤。店内の色のバランスが非
常に美しい。シルバー類は8本のカトラリーがフルセットでセッテ
ィングされる。花柄のショープレート、グラス類などと共にテーブ
ルの上は美しくセッティングされている。最近では、シルバー類も
次の皿で使うものだけを並べて、皿と共にまた次のシルバーをセッ
トするシンプルで機能的なスタイルが主流であるが、こういうクラ
シカルなディスプレイも、西口さんの目指すレストラン空間にとっ
て、大切な意味を果たしていると言える。

volo7b.jpg

 新しい店をオープンすると、どうしてもその新しさが「軽さ」と
なってしまうことがある。それを避けるために、骨董の調度品やエ
イジング仕上げなどで対応するのであるが、そういう視点からみる
と、もともと老舗のレストランであったこの場所は、ある意味理想
的な条件であったと言うこともできる。ただ、使用している皿、グ
ラス類は全て新しく用意したもの。消耗品とも言えるこららの設備
については清潔感や料理やワインの現代性を考えて、それに相応し
いものにしたということであろう。
 このようにヴォーロコズィでは、長く受け継がれてきた質の高い
デザインの空間と背景に囲まれて、伝統料理をベースにした西口さ
んの本格的なイタリア料理を楽しむことができる。イタリア料理で
は珍しくクラシックな空間で楽しむ現代料理である。この店に食事
にいったら、料理を楽しむだけではなく、ぜひこの時間のしみ込ん
だ空間も一緒に堪能してもらいたい。


ヴォーロ・コズィVolo cosi
住所:東京都文京区白山4-37-22
電話:03-5319-3351
営業時間:12:00〜13:30(L.O) / 18:00〜21:30(L.O)
定休日: 月曜日/第3日曜日/火曜日のランチ
posted by ニコラス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レストランインテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139269220
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。